不動産売却お役立ち豆知識

相場より高く売却できるのはどんなタイプの家・土地なのか?


一般的に、家・土地などの不動産は、万人受けするタイプのもの・買い希望者が多く現れそうなもののほうが高く売れると考えられています。需要が多ければ多いほど、競争率が激しくなって売却価格は上がる、という考え方です。


逆に、個性的なマンション・一戸建ての場合、買い手の幅が狭くなるため、不動産業者は同じエリア・同じ広さの物件の売却相場よりも安い査定価格を出すことがあります。「買う人が少なそう。売りにくそう。」と判断されるからですね。


例:他ではあまり見かけない造りの二世帯住宅・自分の趣味で大幅にリフォームやリノベーションしたマンション・リビングに暖炉のある一戸建て


早く売りたい不動産業者



そもそも、不動産業者側には、早く売却することを高く売却することよりも優先させたい、という思惑があるということを知っておきましょう。


一方、家を売却したい私たち側からすれば、一刻も早く売らなければいけないという事情のある方もいらっしゃるとは思いますが、時間にある程度余裕を持った売却の場合には、早く売ることも大事だけど、それ以上に高く売ることを優先させて欲しい、という気持ちのことも多いはず。


不動産会社にとっては、すぐに買い手が見つかりやすい標準的なマンション・一戸建てというのは嬉しいのです。早く売れる可能性が高いからです。しかし、市場にあまり出ることのない個性のある不動産であったり、言葉は悪いですが「クセ」の強い物件の場合には、買い手がなかなか見つからない可能性があるので、査定金額も安くなることがあります。


なので、もしあなたが他にはない特徴を持った家や土地を売却しようとしているのであれば、不動産会社の査定価格をそのまま鵜呑みにしないようにすることも大切です。


第一印象では、売ることを考えた時にはデメリットにしか思えない特徴を持った不動産でも、それが売る時のメリットに変わることもあるからです。


以下、相場よりも安くしか売れないだろう、という特徴を持った不動産が相場よりも高く売れたという事例を見ていくことにします。


駅から近いが形が悪すぎる土地


駅から歩いて1分以内で、オフィスや店舗用の土地としては最高の場所にあるこの土地。しかしデコボコな形で購入してもなんだか面倒という印象があり、そのあたりの相場よりも安く査定されがちな不動産です。



しかし、これほどまで駅から近い土地というのは、その駅ではなかなか売りに出ることはない。つまり希少価値は高い場所だったため、その土地に合ったビルを建てる計画を作って相場価格よりも高く売れました。


「形が最悪」というデメリットに「駅から劇的に近い」というメリットが買ったという例ですね。


防音室のある一戸建て



ピアノ・ギター・ドラムなどの様々な楽器演奏が趣味の方で、自宅の一室を防音室にリフォームしていたケース。映画を大音量で見たいという希望もあり、シアタールームも兼ねており、リフォームには600万円ほどかけたそうです。


仕事の関係で引越しを余儀なくされ、家を売却することにしたのです。防音室のある一戸建てを求める人はかなり特殊な人と言えます。不動産会社の考えとしてはリフォーム代を加味した査定額を出したところで、すぐに買い手が見つかるわけがない、となりがちです。


しかし裏を返せば、一戸建てに防音室が含まれている物件というのはなかなかない、音楽好きな人・子供がピアノを習っている人などにとってはとても価値のある家なのではないか? とも捉えることができますよね。結局、音楽好きな方向けの家という名目で売りに出してみたところ、リフォーム代をある程度加味した売却価格でも売れたのだそうです。


まとめ


以上のように、他にはあまりない家・土地の場合、不動産会社は売りにくいと判断して相場よりも安めの査定をしてくることもあるので注意しましょう。


「我が家の場合、家を売却するにあたってデメリットになることがあるだけで、上の2つの例みたいにそれを上回るメリットなんてない・・・」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。



しかし、デメリットがデメリットでなくなるような魅せ方で不動産会社に広告を出してもらうことによって、もしかすると他にはない家・土地という希少価値がついて相場金額よりも高く売れることはあるかもしれません。


他とは違う特徴もなく標準的なマンション・一戸建ての場合、買う可能性のある人の数は増えますが、「この家はどうしても欲しい!」という強い欲求を持って購入を希望してくる人は少ないとも言えます。


それに比べて、他にはあまりない特徴を持った住宅であり、その特徴をうまく表現して伝えることができれば、「こういう家を私は探していたんだ!」という方が現れる可能性もあります。


その場合には、相場より高く売却できる可能性もありますし、当初はデメリットばかりが目について「相場よりも安くしか売れないか・・・」と思っていたのに、その地域の相場ぐらいの金額で売れることもあるでしょう。


人にも似ているところがありますよね。とても頑固な部分を持っている人は周りから敬遠されることもありますが、「強いこだわりを持って生きている人」という見方をする人からは、信頼感があって頼りになると好かれることもあります。


関連ページ

マンションと一戸建ての売却しやすさの違い
売却時に値段が下がりやすいマンションの特徴
売る時の資産価値を考えた東京でのマンション選び方法



↓家を高く売るために




不動産売却の基礎知識

 

不動産売却Q&A

 

不動産売却お役立ち豆知識

 

家に関するアンケート結果

 

脱毛比較