不動産売却お役立ち豆知識

マンションと一戸建ての売却しやすさの違い | 20年後・30年後の資産価値

近い将来、家の売却予定があり、その後、マンションまたは一戸建てへの住み替えを考えている方へ。家の購入を検討する際、必ずと言ってよいほど出てくる迷いが「マンションか一戸建てかどっちにしようか?」という迷いです。



「管理の手間がかからないマンションのほうがラクでいい。」「いやいや、マンションのほうが固定資産税は高いらしいぞ。」「防犯面でマンションのほうが優れている。」など、人それぞれ何を優先して考えるか、ライフスタイルの違いによっても選択は変わってきますね。


そこで、このページでは少し視点を変え、将来的に売ることも考えた「資産としての価値」に注目し、マンションと一戸建ての売却しやすさの違いについて見ていくことにします。どちらを選ぶかの1つの指標にしてもらえれば、と思います。


もくじ


一戸建ての資産価値は落ちやすい?
資産価値の落ちにくい一戸建てもある?
一戸建てに比べて売却しやすいマンション
まとめ




一戸建ての資産価値は落ちやすい?



木造の住宅の資産価値は新築した直後から落ち始め、20年から25年ほどでゼロになってしまう、という話を聞いたことがある方も多いかと思います。であれば、将来の資産として考えた場合には、一戸建てよりマンションのほうが絶対いい! と思いがちですが、実はそうは一概には言えません。


木造住宅など減価償却資産の法定耐用年数が22年と短く設定されていることも、こう言われている原因とされ、土地つきの一戸建てを購入した場合などは、建物の価値が例え30年後にゼロになってしまったとしても、30年後の地価によって購入時との変動はあるものの、土地の価値ぶんの資産はちゃんと残るということになります。


そして、長期優良住宅の登場などにより、一戸建ての資産としての捉えられ方は今変わりつつあります。


長期優良住宅ってどんな住宅?



最近よく聞くのが「長期優良住宅」という住宅。長期優良住宅の認定を受けることによって、固定資産税減額期間延長・住宅ローン減税拡充などのメリットがあります。耐震性・劣化対策・省エネ性・バリアフリー性・居住環境などの基準項目をクリアすることによって認定されます。(参考:長期優良住宅の普及の促進に関する法律関連情報(国土交通省ホームページ)


今後、日本に長期優良住宅が増えていった場合、建てられてから30年後・50年後にも、土地だけでなく建物自体にも市場が価値があると判断し、今までよりも比較的高く売れるという時代が来るのかもしれません。


一戸建て=新築という考えの日本


もう1つ覚えておきたいのが、一戸建て住宅を買うと言えば新築、という考え方が日本にはあるということ。そして、新築を買うお金がない人がやむを得ず中古の一戸建てで我慢する、というイメージがありますよね。



実際、日本で中古住宅を買う人の割合は15%未満といわれています。一方、アメリカでの中古住宅の流通が約90%であることに代表されるように、欧米諸国では中古の家を買うことは当たり前のこととされています。


しかし、この日本での考え方、20年後・30年後には、もしかするとガラっと変わっているのかもしれません。


資産価値の落ちにくい一戸建てもある?



さて、ここまで見てきてどうでしょう? 「将来的な話は知らないけど、今現在、資産価値という視点で考えた場合には、一戸建てよりマンションのほうが得そうだ。」と思われたのではないでしょうか?


確かに、鉄筋コンクリート造のマンションより木造の戸建てのほうが売買価格が早く下がると一般的には考えられていますが、エリアによっては買い希望者が多くて、思っていたよりも高く売却できるという場合もあります。


都心部や希少性のある人気地域、郊外地域においても場所によっては、一戸建てでも資産価値を保ちやすいケースはあります。また、建物部分の価値が落ちてしまっても、地価が上がるなどして土地の市場価格が上がることもあります。


また、購入金額全体に対する土地部分の値段の割合が大きければ大きいほど、資産価値としては安定しやすい、とも捉えることができます。


一戸建て特有の売却時の面倒


一戸建て住宅を売却する場合には、マンションを売却する場合には出てこないような意外な面倒なことが出てくることがあります。


よくある例としては、隣の土地所有者との境目の塀の所有権や境界部分のもめごと、水道管・ゴミ捨ての場所の問題、敷地の前の道が複数の所有者による私道だった場合にもめんどうは起きやすくなります。



このように、マンションに比べて一戸建ての売却はすんなりと進まないケースもあるということは覚えておきましょう。


以上、一戸建ての資産価値・売却しやすさを中心に見てきましたが、次にマンションの資産価値・売却しやすさについて見ていくことにします。


一戸建てに比べて売却しやすいマンション



もちろん例外はありますが、マンションは一戸建てと比べると購入後の売買価格は安定する傾向があり、売却しやすいと言えます。


こだわりを持って作られた注文住宅の場合には、この傾向が顕著に見られ、買う人の間口が狭まることが多いので、なかなか売れない、相場よりも売却値段を下げなければ売れない、なんて場合もあります。


個性という面では戸建て住宅に軍配が上がりますが、マンションは個性が少ないぶん購入者の間口は比較的広くとることができます。(もちろん外装の色やデザインにオリジナリティーがありすぎるマンションであれば話は変わってきますが。)


部屋の間取り・外観はどこも似たような感じで個性のないマンションということが、売却する時には大きなメリットになってくれるということです。購入検討者が多く出てきてくれるということは、高く売りやすいことにつながりますので。


資産価値を考えた時、エリア選びは重要


また、一戸建てでもマンションでも何年後かに売ることを考えた場合には、エリア選びが非常に重要です。


参考:売る時の資産価値を考えた東京でのマンション選び方法


自分にとって住みたい街・便利な地域という視点で家選びをするのも良いですが、将来的な資産価値を考えたエリア選びをすることによって売却時に後悔することは少なくなることでしょう。


まとめ


一戸建てと比較するとマンションのほうが、売却時の手間も少なく、将来売る時の資産価値も安定している傾向があることがお分かりいただけたかと思います。


ただ、人気エリアなどでは戸建て住宅でも十分に資産価値を維持してくれる場合もあります。長期優良住宅の登場や今後の国の政策によっては、今後は日本でも木造の中古一戸建て住宅の市場での価値が見直されていくことになるかもしれません。



マンション・一戸建てのいずれを選ぶにしろ、売却することを想定した資産価値に目を向けてみることによって、よりよい家選びの1つの基準を持てることと思います。


関連ページ

相場より高く売却できるのはどんなタイプの家・土地なのか?
売却時に値段が下がりやすいマンションの特徴



↓家を高く売るために




不動産売却の基礎知識

 

不動産売却Q&A

 

不動産売却お役立ち豆知識

 

家に関するアンケート結果

 

脱毛比較