不動産売却お役立ち豆知識

2014年の消費税増税は不動産売却にどのような影響がある?

2014年4月に消費税が8%にUPすることが決まり、家や土地を売ろうと考えている人は、増税が売却にどのような影響があるのか心配されているのではないでしょうか?


2015年10月にはさらに10%への引き上げが予定されています。


現行の5%から単純に税金が倍になるのですから、どのようなものに消費税がかかるのか、かからないのかしっかり知っておきたいですね。



◆不動産売買で消費税がかかるものは
 ・建物価格
 ・登記費用
 ・仲介手数料
 ・引っ越し代
 ・新居の家具・家電購入代
 ・住宅ローンの融資手数料
 ・リフォーム代  ・・・など     



◆消費税がかからないものとしては、
 ・土地価格
 ・売主が個人の場合の中古住宅(建物も非課税)
 (売主が不動産会社の場合は、建物にのみ消費税がかかり、土地に対しては非課税)      



・・・ では、具体的に考えてみましょう。


たとえば、3000万円の家を売却する場合、仲介手数料は150万円になります。
(仲介手数料の計算はこちらを参考→「仲介手数料が不動産会社によって違うって本当?」


その仲介手数料に対する消費税は・・・


 消費税率が5%の場合は 7万5千円  
      8%の場合は 12万円
     10%の場合は 15万円


金額的に大きな差は内容に感じるかもしれませんが、上記にあるように登記費用や家具・家電を購入したり、引っ越し代などにも消費税はかかりますので、ちりも積もれば大きな違いが出てきます。


消費税は生活する多くのものにかかってきますので、その影響は計り知れません。それを見越して将来の資金設計もきちんと立てたいものですね。



増税前は売るチャンス?家の需要が高くなる?


買主の立場で考えた場合、消費税増税前に家を買おうという心理が働き、必然と家の需要が高くなる傾向があります。


やはり家は高い買い物ですから、それに対する影響はとても大きなものとなります。


たとえば、建物価格が3000万円にかかる消費税は・・・


 消費税率が5%の場合は 150万円   
      8%の場合は 240万円
     10%の場合は 300万円


同じものを購入するのに、余分に支払わなければならないのは、ちょっと損した気分になってしまいますね。「家が欲しい」と漠然に考えていた人も、この増税を機に真剣に考える人も少なくないと思います。


1997年に消費税が3%から5%に引き上げられた時も、増税前の駆け込み需要があり、逆に増税後は大幅に落ち込みました。駆け込み需要の反動は、前回の増税時にも見られたとおり、必ずあると予想されます。


このように考えると、増税前は売るにはいいチャンスとなるかもしれませんね。でも、注意していただきたいのは、増税前が売却のチャンスといって売却を急がないように。


家はあなたの大切な資産です。


信頼できる不動産会社を見つけ、余裕をもって後悔のない売却をするようにしてください。




・前の記事へ <<<「いざというときの不動産会社による買取システムとは」



↓家を高く売るために




不動産売却の基礎知識

 

不動産売却Q&A

 

不動産売却お役立ち豆知識

 

家に関するアンケート結果

 

脱毛比較