不動産売却お役立ち豆知識

いざというときの不動産会社による買取システムとは

「わけあって家を早く売ってしまわなければならない」、または「家を売りに出してもなかなか売れない」という場合は、不動産会社に直接家を買ってもらう「買取」という方法があります。



一般的に家を売る場合、不動産会社が仲介者となって買主を見つける「仲介」が多いのですが、仲介はいつ、誰に売却できるかは確定できません。


でも、「買取」なら不動産会社が買主となり即時売却できるため、買主を探す手間や時間をかけることなくスムーズに売却し、現金化することができるますので、その後の資金計画も立てやすいです。また、仲介ではありませんので、仲介手数料が発生しないのも魅力ですね。


しかし!買取には最大のデメリットがあります。


それは、「買取価格が安い」ということです。


買取で売却した場合、だいたい相場の7割から8割でしか買い取ってもらえませんので、やはり慎重に考えなければいけません。


ほかにも買取についてのメリット・デメリットがありますので、参考にしてみてください。




結局のところ、買取は「早く売れる分、安くなる」


住み替えなどで売却期限が決まっているのに家が売れない場合は、買取を利用すると早く売却できますので、資金計画が立てやすいですが、物件がある地域や建物の状態によっては買取できないことありますので、一度不動産会社に確認してください。


不動産会社によっては、仲介で売り出して一定期間おいても売却できなければ、事前に提示された金額で不動産会社が買い取ってくれるサービスなどもあります。




・前の記事へ <<<「売った後にも責任が!?瑕疵担保責任にご注意!」
・次の記事へ <<<「2014年の消費税増税は不動産売却にどのような影響がある?」



↓家を高く売るために




不動産売却の基礎知識

 

不動産売却Q&A

 

不動産売却お役立ち豆知識

 

家に関するアンケート結果

 

脱毛比較