不動産売却お役立ち豆知識

マンション売却で口コミで評判の良いおすすめ不動産会社の選び方

マンション・家を売る場合、ほとんどの人が不動産会社に仲介をして売却します。


ilm2007_04_0134-s.jpg
大切な家を売るのであれば、やはり信頼できる不動産業者選びが不可欠で、不動産会社選びが成功も失敗も、満足も後悔も決めてしまうと言っても過言ではないと思います。


不動産会社は、名の知れてる大手の会社から、地元に根ざしている小さい会社までさまざまあり、数ある中でいかに信頼できる不動産会社にめぐあうことができるかがカギとなってきます。


選び方のポイントをご紹介する前に、まずは家を売るときに不動産会社がどのような役割を持つのかご紹介します。


不動産会社がやってくれること


マンションや一戸建て住宅を売るときに不動産会社に仲介を依頼をした場合、不動産会社は何をどこまでやってくれるのでしょうか?


一般的に不動産会社で行うことは、以下のようになります。


・物件の査定(机上査定・訪問査定)
・販売価格の相談(最終的には売主が価格を決定)
・販売活動(広告・レインズへの登録など)
・購入希望者との交渉(売却価格や引っ越し時期などの条件交渉)
・買主への重要事項説明(物件の説明も)
・売買契約の締結(売買契約書の作成、交付)
・物件の引き渡し(現地での立ち合い、残金決済)


不動産会社は、売買の最初から最後まで、取引の全体をサポートしてくれます。売買は法律も関わってきますので、素人ですべて行うのは難しいため、そのほとんどを不動産会社にお任せしてしまうことになります。


「手続きは難しくてわからないから・・・」と、不動産会社に言われるがままになってしまいがちですが、だからこそ信頼できる不動産会社でなければなりませんね。


では、どんな不動産会社を選ぶべきか?



不動産会社を選ぶとき、「有名な大手不動産会社なら安心できる」と考えていませんか?


確かに大手にも全国にネットワークがあり、安心感があるかもしれませんが、それがあなたの場合にもあてはまるとはかぎりません。


ひと昔前までは、大手と中小の会社では物件を保有している情報量が違っていましたが、現在はレインズによりその情報量は同じものになりました。そのため、会社の規模での情報量の差はなくなってきています。


では、どんな点に注意して選べばいいのか?そんなポイントをいくつかご紹介したいと思います。


会社選びは、信頼できる担当者でもあります。「接客態度」や「わかりやすい説明」「連絡などの対応が早い」のはもちろん、「売主の立場に立ってくれる」ことも大切です。


売主の利益を最優先に考え希望に沿ってくれるか、法律や税金に詳しく、的確なアドバイスや提案力があるか、そしてメリットばかりでなく、デメリットもきちんと話してくれるかということも。担当者の相性ってかなり重要なポイントです。


会社によって、売りたい地域や家の種類(一戸建て、マンション)によって得意・不得意とする会社は違ってきます。


また、同じ仲介でも賃貸物件もしくは不動産売買に重点を置いている会社もあります。


会社によって特徴はさまざまですので、その地域の売買実績がたくさんあるか、一戸建てを得意としているのか、マンションを得意としているのかなどしっかり確認しましょう。



家を早く、そして高く売りたいなら、より多くの人に見てもらえるような幅広い広告宣伝活動が必要になります。


その地域性を熟知していて、独自の販売ネットワークが充実しているか、どのような販売活動をするのか、そのためにどのような努力をしてくれるのかを聞いておきましょう。


また、地元の不動産流通に精通しているか、相場をきちんと知っているかも確認しておきましょう。


複数の会社に査定を依頼すると、その査定額にはバラツキがあるのはめずらしくありません。


でも、高い査定額を提示してくる会社が良い会社だと考えていませんか?確かに高い査定額をつけられると嬉しくなってしまいますが、よく考えるとそうでもないんです。


査定額は、「この金額なら売れるだろう」と不動産会社が予想した金額であって、必ずしもその金額で売れると確約されたものではないということ。高い査定額を提示して物件を獲得するあくどい業者も存在します。


「査定額が相場よりかけ離れていないか?」
「金額の根拠をしっかり説明してくれるか?」
「その金額に納得できる理由があるか?」


ということをチェックしておきましょう。


会社選びの最後は、やはり評判を調べておいたほうがいいでしょう。ネットや口コミも重要なポイント。あまり良くない評判がある会社は、やはり避けておきたいものですね。


会社選びで大切なのは、事前の下調べです。大変かもしれませんが、その会社の基本的な情報や評判を調べ、最終的には実際に相談してみて信頼できるかチェックすることが大切ですね。


・前の記事へ <<<「時間がなくて家を早く売りたいなら、方法は3つ!」
・次の記事へ <<<「購入時より高く売れたら税金がかかる?譲渡所得とは」



↓家を高く売るために




不動産売却の基礎知識

 

不動産売却Q&A

 

不動産売却お役立ち豆知識

 

家に関するアンケート結果

 

脱毛比較