不動産売却お役立ち豆知識

少しでも高く売るためにできる、おすすめ実践ポイント

大切な家を売ると決めたなら、少しでも高く買ってもらいたいですよね。


ちょっとした工夫や努力で高くすることができるなら、頑張ってやってみようと思いませんか?無理なく実践していただけるポイントをいくつかご紹介します。



◆複数社に査定を依頼する



査定は、大手不動産会社に依頼すれば安心・・・なんて考えていませんか?1社だけの査定では、それが高いのか安いのか判断することができません。


相場より安ければ損をしてしまいますし、高すぎても売れ残り、結局価格を下げることになり時間が無駄になってしまいます。複数社に査定してもらえば、だいたいの相場が見えてきますので、ぜひ1社ではなく、複数社に依頼してください。


大手はネットワークも全国規模と大きく、知名度や安心感がありますが、中小の不動産会社もメリットはあります。小さくとも地元に密着した不動産会社であれば、地元の土地の適正価格や、過去の売買実績や価格の動向を熟知していますので、大手とは違ったメリットがあります。


また、疑問や不安があれば、同じ質問を複数社にぶつけてみるのも。どのような解決策を出してくれるのか、その対応や反応を見てみるのも、今後、売却を依頼する不動産会社選びの参考になると思います。


(*複数社への査定依頼でオススメはこちら→日本最大級の不動産売却サイト「HOME4U」




◆時間に余裕をもって



高く売りたいなら、時間に余裕を持つことも重要なポイントです。


一般的に売却までにかかる期間は3か月ですが、それ以上に余裕があれば高く売れるチャンスかもしれません。


時間に余裕がなければ仕方ありませんが、急ぐあまり焦ってしまうと足元を見られ、相場より安く売ってしまうことになりかねませんので要注意。


時間に余裕があれば、1人でも多くの買手が見つかる可能性があり、高く売れる確率が上がります。不動産会社も広告・宣伝方法など売り出し方を変えるなど、販売活動にも力を入れることができます。


また、住んだままでも売り出すことはできますので、「売る」と決めたなら、早めに不動産会社に相談されることをおすすめします。



◆家をきれいに掃除する


家の購入をするかしないかの判断を第一印象で決める人も少なくありません。

ilm201112_020r-s.jpg
買主が「この家に住みたい」と思ってもらうには、やはり見た目の印象はとても大事です。築年数が経っていても、きちんと掃除が行き届いていれば評価も高くなることでしょう。


買主にとっては「夢のマイホーム」なのですから、清潔感あふれる素敵な家に近づけるようにきちんと掃除をしましょう。


そんな家に近づける掃除のポイントをいくつかご紹介します。



・不要なものを処分する
ごちゃごちゃ物が溢れていては、見栄えも悪いですし、買主の購入後のイメージがわきにくいもの。でも、不要な家具も処分すれば部屋をすっきり見せることができ、空きスペースを作ることで収納力もアップし、アピールポイントにつながります。


・ニオイを取る
買主の中には、家のニオイを気にする人も多いはず。住んでいる人は気付かなくても、その家の独特のニオイって必ずあるものです。換気はこまめに、そしてニオイがつかないように掃除をして清潔に保つようにしましょう。


・水回りは念入りに
家の中でも特に気になるのが、キッチン・バス・トイレの水回りですね。特に女性なら、この水回りがきれいかどうかは要チェックで、あまりに汚れていると、ハウスクリーニングをしなければならないこともあります。キッチンはシンクやコンロを磨き上げるように、バス・トイレは水垢やカビをきちんと取るようにしっかりお掃除しましょう。


・家の外もお忘れなく
家の中はしっかり掃除しても、案外忘れがちなのは家の外です。窓ガラスや網戸、外壁、そして庭のお手入れも手間はかかりますが、これで印象アップできるなら頑張りたいものですね。特に庭は、植栽を切りそろえて整たり、草取り、掃き掃除などもしっかりと。


・売主だって見られています
内覧で買主と会う場合は、家だけでなく売主自身の印象も大切です。住んでいる人の印象が、家の印象を良くすることも悪くすることもありますので、話し方や身なりにも気を配るようにしましょう。服は着飾る必要はありませんが、清潔がある洋服を選ぶといいですね。


・家の良さは積極的にアピール!
家の見た目は見ればわかるけど、"住み心地"って実際に住んでみないとわからないものですよね。「日当たりや風通しが良い」「静かな環境」「近所に嫌な人がいない」など、書類上ではわからない良いポイントがあればしてアピールするのも効果的です。


住んでいたあなたしかわからない物件の良さは、ぜひリストアップを。あなたの家は唯一無二の存在です。全く同じ不動産はほかにない、付加価値のある魅力的な物件ということを、ただ"見せる"じゃなくて、"魅せて"積極的にアピールしてください。



売る時にリフォームしたほうが高く売れる?


ilm2007_04_0154-s.jpg

家を売る場合、ちょっとでも見栄え良くするためにリフォームをしたほうがいいと考える人も多いかもしれません。


確かにリフォームをしたほうが、見栄えがグッと良くなり、買主の購買意欲もわくことでしょう。


特に「建物の劣化」や「キッチン・バス・トイレなどの水回りが汚れが目立つ」「壁に穴が開いる」「クロスが破れている」というような場合は、ある程度のリフォームを行ったほうがいいこともあるかもしれませんが、汚れだけの場合は、リフォームでなくともハウスクリーニングで済む場合もあります。


それに、リフォームやハウスクリーニングが必ずプラスになるとは限りません。


注意しなければならないのは、リフォームにかかった費用をそのまま販売価格に上乗せできないことや、買主の好みじゃない仕上がりだと逆に印象を下げてしまうこともあり、かえって不利になることもあるのです。


買主の立場になれば、中古住宅なら安く買って、自分の好きなようにリフォームしたほうがいいという人もいるでしょう。


もし、リフォームを迷っている場合は、まずは不動産会社に相談し、実際に室内などを見てもらってからリフォームやハウスクリーニングが必要か相談するほうがいいと思います。




・前の記事へ <<<「住宅ローンを滞納すると家はどうなる?競売と任意売却」
・次の記事へ <<<「時間がなくて家を早く売りたいなら、方法は3つ!」



↓家を高く売るために




不動産売却の基礎知識

 

不動産売却Q&A

 

不動産売却お役立ち豆知識

 

家に関するアンケート結果

 

脱毛比較