不動産売却お役立ち豆知識

家を売る前にチェックしておきたいお役立ちHPまとめ

不動産投資などをしていない一般の方の場合、家を売る・不動産を売るという機会は、人生にそう何度もあることではありませんよね。


だからこそ、「家を売却しようと思ってはいるけど、分からないことだらけ・・・何が分からないのかも分からない・・・。」「うまく売却できるだろうか・・・?」と不安になりがち。でもそれはあなただけではありません。家を売る前の気持ちはみんな同じです。


そんな時は、事前に、不動産売却についてある程度の知識を持っておく、情報収集しておくのが良いでしょう。それが、不動産会社選びや、不動産会社とのやり取りをスムーズに、そして家を高く早く売るための助けになってくれることもあります。



以下に、家を売却・査定に出す前に見ておくと役に立つと思われる、有名サイト・優良サイトをピックアップしてまとめておきました。参考にどうぞ。


全てのサイトを隅々まで見る必要はもちろんありません。あなたのフィーリングに合うサイトを見つけて、気になるところ・興味のあるところを流し読みするだけでも、家を査定に出す際や、実際に売却する際の役に立ってくれると思います。


今後注目されそうな不動産関連サイト



まず始めに、不動産業界で今までにはない新しい試みを行っているサイトを2つご紹介します。2つともまだ始まったばかりのサービスなので、今後どう成長していくのかが楽しみでもあります。


・IESHIL(イエシル)
東証一部上場企業リブセンスが運営する、市場価値がリアルタイムで分かる、全く新しいカタチの未来型不動産サービス。2016年1月現在ベータ版となっていますが、中立なレイティングや不動産仲介サービスも、近日中に公開されるとのことです。


3000万件の賃貸情報・売買履歴をもととするビッグデータより、リアルタイムに不動産の市場価値を査定してくれるという、今までにはない不動産サービスです。


会員登録すると売りたいマンション名ごとのおおまかな価格ではなく、マンションの部屋ごとの市場価格など、詳細な情報を確認することができるようになります。


2016年1月現在、東京23区の約4万棟は先行リリースされていますので、東京23区内のマンションを売りたい・買いたいという方は、売買価格の気になるマンション名を入力して検索してみましょう。



・おうちダイレクト
ソニー不動産とヤフー運営による不動産売買プラットフォーム。不動産の売主・買主を今までよりも「ダイレクト」に、ということがテーマとなっているサービスです。


家を売りたい方は「Yahoo!不動産」へ物件情報を無料で載せてもらうことができ、見学をしたいという購入希望者があらわれれば「マッチング」成立。


それ以降は指定仲介会社の「ソニー不動産」の仲介サービスを受けられ、家の売買完了までサポートが受けられます。購入側には仲介手数料がかかりますが、売却側の仲介手数料は無料です。


ヤフーが提供する不動産サービスだけあって、最初の入口の部分はヤフーオークションにも似た「個人間取引」の概念がありますね。


2016年1月中旬からは売り出しできるエリアが東京23区に拡大。今後の展開も要チェックしておきたい不動産売買サイトと言えそうです。


不動産ポータルサイト



SUUMO・HOME'Sなどの有名不動産情報サイト。不動産会社がレインズから選んだ物件情報を、これらサイトに広告料を払って載せています。(参考:不動産取引に重要な「レインズ」って何?


サイトには広告料が入ってくるので、それをアクセス数を増やすために使うこともでき、知名度はどんどん上がっていくというわけです。時期によってはこれらポータルサイトのテレビCMも多く流れているので、名前を聞いたことがないという方はほとんどいないはずです。


・SUUMO(スーモ)
リクルートが運営する不動産売却・不動産購入・賃貸をサポートしてくれる住宅情報のポータルサイト。


家を売りたい場合、査定をしてもらいたい物件の住所を入れて仲介会社を3社選んで、対応や査定金額から売却をお願いする会社を決めることができます。


「賢く住まいを売るためのパーフェクト・ガイド」では、家の売却を成功させるためのステップが5つに分けられてわかりやすく解説されていますので、家を売る前の参考になってくれるかと思います。


・HOME'S(ホームズ)
株式会社ネクスト運営による物件数No.1の不動産・住宅情報サイト「ホームズ」内の不動産売却査定のページ。


各不動産会社ごとの強み・アドバイス内容などを比較して「ここなら信頼できそうだ」という不動産会社が選べます。


査定依頼の際に、メッセージ付きの写真を送ることができ、家の中でも綺麗に使ってきた部分や日当たりの良さなど、売却の際に有利になりそうな項目をアピールしておけます。


マンション・一戸建て・土地の査定金額の目安が知りたいだけの場合、連絡先などの個人情報を不動産会社に伝えたくない場合には、物件の情報だけで査定が行える簡易査定依頼サービスもあります。


・athome(アットホーム)
全国1400社以上の不動産会社が参加する不動産一括査定依頼サービスで、土地・マンション・一戸建てなどの査定依頼ができます。


マンション簡易評価価格やマンション・一戸建ての相場価格情報が10秒で分かる「不動産価格相場チェック」も利用できます。


業界団体の不動産ポータルサイト



家を売りたい方のためのサイトというよりは買いたい方、賃貸したい方向けのサイト。


業界団体のサイトは上記の「不動産ポータルサイト」とは違い、不動産業者から物件掲載の際に広告料をとらないため、物件情報は多数載っているものの、サイト自体の知名度が高くないので、集客力はあまりありません。


・ハトマークサイト
公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会が運営。不動産の売却ではなく、買いたい・借りたい方向けの情報提供が主となっている不動産サイトです。


被災された方向けの物件検索や全国の不動産会社検索、各都道府県のおすすめスポットや気になる街のお役立ち情報も調べることが出来ます。


・不動産ジャパン
公益財団法人不動産流通推進センター運営の安心で安全な不動産取引をサポートすることを目的とした「不動産ジャパン」内のページ。


自宅の売却を考え始めてから、売買契約を結んで引き渡すまでのポイントがまとまっています。


今のあなたの状況・知りたいことの解説ページへ進めば、不動産売却についての知識を深められます。


・ZeNNET
全日本不動産協会が運営。マンション・一戸建てをはじめ、土地・事務所・店舗・ビル・リゾート物件の検索、不動産会社の検索ができます。


不動産会社のサイト


不動産売買実績豊富な大手不動産会社・有名不動産会社・仲介業者が加盟しているネットワークなどのサイト。


・住友不動産販売
住友不動産販売の不動産売却のページ。直営仲介件数・直営店舗数ナンバーワンの売却力、全国257店舗のネットワークで不動産売却をサポートしてくれます。


平成26年度の実績では、売買仲介取り扱い件数が単一企業では全国第一位となっています。


税務・法律相談、ファイナンシャルプランナーによる個別相談、相続税立て替え、瑕疵保証、空き家巡回、おそうじなど様々な特典・サービスもあり。


・ソニー不動産
先ほど紹介した「おうちダイレクト」の運営もしている「ソニー不動産」の不動産売却・査定のページ。2016年1月現在、東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県のみの対応ですが、今後拡大する予定あり。


ソニー不動産の大きな特徴が、売却エージェントが買主様の担当をせず売主様のみを担当し、高額での家の売却を追及しているという点。


今の日本における不動産売却では、買主と売主の両方とも担当する仲介会社が多いですが、アメリカでは売主だけを担当するのが一般化しています。


・三井のリハウス
三井不動産リアルティグループ「三井のリハウス」HP内の家を売りたい方向けのページ。


三井不動産リアルティグループは2014年度には全国で37,000件以上の取引を行っており、「29年連続全国売買仲介取り扱い件数NO.1」となっています。


全国に業界最大級の275店舗あり、不動産取引のプロである宅地建物取引士のみが不動産売却のサポートをしてくれます。


・東急リバブル
全国160ヶ所以上のリバブルネットワークの情報収集力によって不動産の早期売却をサポート。


「リバブルあんしん仲介保証」というものがあり、中古住宅・土地の売却に2年保証がついてきます。建物保証として最長2年・最大250万円、住宅設備保証として最長2年・最大32種類。さらに「擁壁調査保証」では土地の壁まで調査保証がついてきます。


・ノムコム
野村不動産アーバンネット運営の「ネットで住みかえ ノムコム」は不動産売買をサポート。


不動産の売却は分からないことや不安がいっぱい。 そんなあなたをノムコムが強力にバックアップ。


不動産売却の流れ・売却成功のテクニック・売却住みかえQ&Aなど、はじめての不動産売却での疑問を解決してくれる基礎知識がわかりやすく解説されています。


・センチュリー21
最新の売り出し価格から、土地・一戸建て・マンションの大まかな相場価格の目安をチェックすることができます。


周りに知られることなく早く家を売って現金にしたいという方には買取サービスも行っています。


転勤などによる住み替えも、加盟店ネットワークが全国にあるのでスムーズにサポート可能。日本国内だけでなく世界に加盟店があるので海外移住の際にも頼りにできます。


・U-SPEC(ユースペック)
東京と神奈川の仲介業者が加盟しているネットワーク運営会社の「U-SPEC」。購入希望者との売買マッチング検索ができます。


不動産を売却する時の仲介手数料が半額以下に設定されているのが大きな特徴です。


必要事項を入力するだけで不動産の売却価格がこの場で瞬時に分かる「瞬間査定」ができます。


不動産オークションサイト


オークションサイトと聞くと、不要になったものの売買、人気チケットなど希少性の高いものの売買、車の売買、、、などが行われているイメージが強いですが、家・土地など不動産のオークションも行われています。


・マイホームオークション
ピタットハウス運営の落札実績ナンバーワンの不動産オークションサイト。


不動産業界初となるオークションとして1998年にサービス開始した歴史ある不動産オークションであり、2007年にはヤフーと提携。ヤフオクの不動産カテゴリではただ1つの公認ストアとなっています。


・ヤフオク! - 新築、リフォーム済みのマンション、一戸建ての不動産物件
「ヤフオク!」は不要になったモノを売るためなどに一度は利用したことがあるという方も多いのでは?


そんなヤフーオークションのカテゴリの中になんと「不動産」カテゴリもあります。


マンション・一戸建て・土地などが出品(不動産を出品というのも変な感じですが)されていますが、中には200を超える入札が入っている人気不動産があったりします。


・楽天オークション - 競売不動産
楽天オークションの中には「競売不動産」というカテゴリがあり、競売物件情報をみることができます。


競売の物件というとリスクが大きいイメージが強いですが、不動産競売流通協会がサポートをしてくれ、競売に関するノウハウをアドバイスしてくれたり、相談に乗ってくれたりします。(関連ページ:住宅ローンを滞納すると家はどうなる?競売と任意売却



↓家を高く売るために




不動産売却の基礎知識

 

不動産売却Q&A

 

不動産売却お役立ち豆知識

 

家に関するアンケート結果

 

脱毛比較