不動産売却Q&A

マンション査定額はなぜ業者によって違う?高い査定は要注意?

マンション査定してもらうとほとんどの方が、


「想像していた金額より安かった」とがっかりするそうです。

ilm2007_04_0189-s (1).jpg
新築で買ったときは高くても、1度住んでしまえば期間に関係なく「中古」となり、安くなってしまうことが多いです。(この傾向はマンションよりも一戸建て住宅に顕著に見られます。)


でも、不動産一括査定サービスを使って、複数の不動産会社に家・マンションの査定を依頼すると、不動産会社によって査定額に必ずバラツキが出てきます。


物件によっては、数十万円単位から百万単位まで違うなんてこともめずらしくありません。


そもそも査定額というのは、不動産会社が「この金額なら売れる」と考えた金額です。


もちろん査定額には根拠があり、相場や周辺の売買事例などを参考にして算出するのですが、それ以外にも不動産会社によって「査定基準の違い」「これまでの売買経験」などが異なりますので、そうした違いが査定額にバラツキが出る要因となっているようです。


また、周辺の売買事例が少ない場合は、不動産会社独自の判断になりますので、査定額に大きな差が出る傾向があります。



高い査定額を提示する不動産会社は要注意?



マンション査定額が高いことは、売主なら誰でも喜ばしいことなのですが、他とかけ離れて高い査定額を提示してくる不動産会社がいたらその会社には注意が必要です。


なぜなら、不動産会社によっては、契約を取りたいがために高い査定額を提示する場合があるからです。


売主の心情としては、「少しでも高く売ってくれる不動産会社と契約したい」と考えますよね?


でも、よく考えてください!
家を買ってくれるのは不動産会社ではなく、第三者です。


高い査定額を提示されてと、あたかもその金額で売れると勘違いしてしまいがち。そこを逆手にとって、顧客を獲得するあくどい会社も存在するのです。


ですが、査定額で買ってくれるとは限りません。「査定額=売却価格ではない」ということです。


査定額はあくまで不動産会社独自の評価値であって販売価格を決めるのは売主であり、売却価格を決めるのは、売主と買主なのですから。



高い査定額を真に受けて、そのまま高い販売価格で売り出しても売れるとは限りません。もちろん売れればラッキーなのですが、買手がつかなければ結局、価格を下げるしかないのです。



必ず確認したい、「査定額の根拠」


マンションの査定を受けたら、なぜその金額になるのか、必ずその理由を不動産会社に確認してみてください。


査定額にバラツキがある場合、特に相場より低い査定額を提示した会社と、相場より高い査定額を提示した会社に詳しくその根拠を聞くとそれぞれの物件に対する見解の違いがよくわかると思います。


低い査定額を出した会社しか見えなかった物件のマイナス面や、高い査定額を出した会社しか見えなかった物件のプラス面がわかることもあります。



複数の不動産会社に査定した場合、1社ずつ詳しく根拠を聞くことは時間がかかって面倒かもしれませんが、単に根拠を知るためだけではなく、話をすることで信頼できる不動産会社かということを見極める大切な機会でもあります。


どの不動産会社にあなたの大切な財産を託すか、慎重にその対応を見るようにしましょう。




・前の記事へ <<<「不動産取引に重要な「レインズ」って何?」
・次の記事へ <<<「実際の販売価格はどう決める?こっそり聞いた不動産会社の本音」



↓家を高く売るために




不動産売却の基礎知識

 

不動産売却Q&A

 

不動産売却お役立ち豆知識

 

家に関するアンケート結果

 

脱毛比較