不動産売却Q&A

家を売る時の片付け・掃除 | 家具・家電は処分する?

家を売る時の部屋の片付けについてこのページでは見ていきます。



以下の2つのタイミングに分けて解説します。


1、購入希望者が家を見に来るタイミングでの片付け


2、買い手が決まり、引き渡すタイミングでの片付け


1、購入希望者が家を見に来るタイミングでの片付け


不動産屋さんが作ってくれた広告・チラシを見て、あなたの家に興味を持ってくれた購入希望者への第一印象を良くするためにも、家を見に来られる前に片付け・掃除をしておくことはとても重要です。


売りに出す家の周辺環境・最寄駅からの距離などの立地条件、間取り・築年数などを変えることはもちろんできませんが、部屋の中を見た時の印象は、片付けや掃除、家具の移動などでいくらでも良くすることができます。



というと、なんだか小手先のテクニックで購入希望者を翻弄しよう、という風に聞こえてしまうかもしれませんが、そのぐらい内覧でのパッと見の第一印象は大事なのです。


空き家ではなく、住んでいる状態の家で家具・家電がある状態ならば、なおさら重要と言えます。見に来た人は、家を買った後の自分たちの生活を無意識に想像して重ね合わせることになるからです。


購入希望物はあなたの家だけを内覧に訪れているわけではなく、他の物件も見て回っていることが多いです。負けないように片付け・掃除を頑張りましょう。



一番初めに見られる場所:玄関は最重要ポイントです。余計な物は置かず、気合いを入れて掃除してください。また、バスルーム・トイレ・キッチンなど水周りは特に汚れが目立ちやすいので、自分で念入りに掃除しておくか、ハウスクリーニングなど掃除のプロにお願いするなどして少しでもキレイにしておきましょう。中古住宅の場合、水回りが汚れているだけでかなり老朽化して見えてしまうこともありますので。


部屋の中に家具・家財道具が多く置いてあると家が狭く見えてしまうこともあるので、家を売るタイミングで処分するつもりの家具はいっそのこと早めに処分しておくのが得策と言えます。


家具に限らず見える場所に小物・家族の写真などが多いと生活感が出過ぎてしまうので整理整頓しておくべきです。



老朽化した家具・見た目があまり綺麗な状態ではない家具の場合、家の中にあるだけで家の印象を悪くしてしまうこともあるので、処分しておくか、クローゼットの中など目立たない場所に移動させておくなどすると良いですね。


とはいえ、購入希望者はクローゼットやベランダも見ることが多いですので、不要な物・ゴミをとりあえずごちゃごちゃに詰め込むことはせず、整理して置いておくようにします。


マンションの場合のバルコニーは、内覧者が眺望をチェックしたり、洗濯物を干しやすいかのチェックをする重要ポイントと言えますので、余計なモノを置かずにキレイに掃除をしておきましょう。


引越し先の新居でも引き続き使うつもりだけど、購入希望者への印象は悪そうなモノは、トランクルームなどを一時的に借りて保管をしておくという方法もあります。


窓をふさいでいたり窓の近くにあったりで光をさえぎっている家具などがあれば、移動させるだけで家の中が明るく見えることもあります。明るさは家の印象の中でも大事なものです。昼に内覧者が訪問する場合でも、家の中の電気は全て付けておくようにしましょう。


2、買い手が決まり、引き渡すタイミングでの片付け


買主への引き渡し時に迷うことが多いのが、引越し先である新居へ持っていかない家具・家電・不用品をどうするか?ということ。


以下の2パターンがあります。


・処分する
買取業者・リサイクルショップに買い取ってもらったり、不用品回収業者に処分してもらう方法です。持ち運びやすい比較的小さな家具や家電の場合には、店舗へ持ち込んでも良いですが、大きい家具・家電だったり、量が多い場合には、出張で家まで来てもらったほうがラクです。



ネットオークションへ出品して売るという方法もあります。


親が亡くなるなどして誰も住まなくなった家を相続して売る場合には、遺品整理の専門業者に依頼するという方法もあります。


・買主さんに使ってもらう
家を買ってもらう買主さんと話し合って、家具・家電をそのまま使ってもらうというケースもあります。無償か?有償か?はお互い話し合いの上決めるようにします。



売主は処分する手間が省け、買主はまだまだ使える状態の家具や家電を無料または安く手に入れられるので、お互いにメリットがあります。


引越しする時は何かとバタバタするものですが、引越し先にすでに家具や家電がある状態というのはかなり助かるものです。


エアコン・照明器具など家に備え付いているものは、話し合いの上でそのまま引き継いで使われることも多いです。今まで使っていたエアコン・照明器具を取り外して、引越し先へ持って行って再び使う、ということをする方はあまりいないと思いますので、使ってもらえるとすれば取り外して処分する手間が省けるので嬉しいですね。


買主さんとは良好な関係を作っておくのが◎


家具や家電を引き継いで使ってもらえるかの話をする時、なるべく買主さんとはイイ関係を作っておくと良いです。


「お肉はAスーパーよりBスーパーのほうがオススメ。」「魚はCスーパーが一番いい。」「特売はBスーパーが一番いいよ。」という、その地域ならではの情報を住む前に知っておければ喜ばれます。遠方からの引越しで土地勘が無い買主さんであればなおさらです。その他、近所でおすすめの飲食店情報、お医者さんの口コミ情報など、長い間住んでいたからこそ知っている生の情報は喜ばれます。



他にも、引渡しの際に、トイレットペーパーなどの消耗品を少し置いておいてあげたり、、、など、買主さん目線に立って喜ばれそうなことは積極的に行いましょう。


なぜ良好な関係を作っておいたほうが良いのか? 「家を引き渡したら、はい、さようなら。もう連絡することもないでしょ。」と、あっさりとしたい方もいるでしょうが、実は落とし穴があるのです。



中古の家の場合には新築とは違いますから、生活を始めてみて気づく「傷」や「不具合」などが見つかることがあります。その時に、良好な関係ではない場合には、「これは聞いてないから、前の持ち主に修理代は負担してもらうのが筋だ!」となってしまいがちです。


でも、良い関係が築けている場合には、「この程度の傷だったら、わざわざ言うまでもないよね・・・」となる可能性が大きいです。


家を売って新居へ引っ越した後にまで、前の家のことを気にかけたりトラブルになったりはしたくないものです。友達になって引渡し後も連絡をとりましょう、とまでは言いませので、険悪な関係ではなく良い関係を作っておきたいところです。気持ちの面でも、自分が過去に住んでいた家に、良い関係性の人が住んでくれている、という事実は気持ちの良いものですし。



↓家を高く売るために




不動産売却の基礎知識

 

不動産売却Q&A

 

不動産売却お役立ち豆知識

 

家に関するアンケート結果

 

脱毛比較