不動産売却Q&A

家・マンションが売れない原因・理由は?対処方法の解説

家・マンションを売るとき、時間に余裕のある方は少ないと思います。


中には、「こんなにきれいなマンションなのに何で売れないのか?」「売り出し始めて1年経ったのにまだ売れなくて困っている。」という方もいます。


時間が限られている中で、売りに出してもなかなか買手が見つからなかったら、どうしたらいいのでしょうか?売却を急いでいるのならなおさら、売れない原因を早く突き止めて解決しなければなりません。


一般的に売れない理由は、大きく分けて3つ考えられます。


 1. 販売価格が高い


 2. 物件が悪い


 3. 不動産会社が悪い



売れない物件は、この3つのいずれかに原因があると思われます。では、それぞれの対処法をご紹介しましょう。


売れない場合の対処方法


1.販売価格が高い場合

売れない理由で多いのが、販売価格・売り出し価格が相場よりも高いことです。首都圏の人気エリアで需要も多く、購入者が現れる見込みがあるならまだしも、駅から遠いなど人気のない地域の不動産なのに高めの金額をつけている場合などです。


不動産会社がきちんと広告を出しているのにも関わらず、お客さんから問い合わせすらないなど、反響がない場合は売却価格に問題があると思われます。その金額では需要がないのだと考えられます。


でも、中古住宅を売る側の心理としては、「売るなら、少しでも高く・・・」と誰もが思ってしまいますね?


買う側は、「少しでも安く」と考えているので、販売価格が相場より高ければ、なかなか買手がつきにくくなってしまいます。買手もチラシ、ネット、住宅情報誌、数々の不動産屋・仲介業者に中古物件の問い合わせをしていると思いますので、おおよその相場はわかっているはず。



・・・対処法・・・

 →  販売価格を下げることを考えなくてはいけません!     


売る側の立場としてはとてもつらいとこですが、やはり売れなければ元も子もありません。極端なことを言ってしまえば、どんな物件でも値下げして値段に魅力があれば売れると言われます。実際に住みたくて買う人の他にも、中古の物件を不動産投資でお金を儲ける目的で購入し、売却益を狙ったり、賃貸として貸すという人もいるわけですから。最近ではサラリーマン大家さんも増えているようですし。


相場に見合った「適正価格」か、もう一度不動産業者と話し合い、販売価格を見直してみましょう。

 
2. 物件が悪い場合

物件を見に来る人がいるけど売れない場合は、物件自体や駐車場、周囲の道路、周辺の環境に問題があるとも考えられます。マンションの場合、管理費・修繕積立金などランニングコストが他と比べて高すぎるから避けられているというケースもあります。


周辺の状況は変えることができないので仕方ありません。内覧希望者には、長年住んでいたからこそ分かる周辺事情を、嘘は決してつかず、不信感を持たれないように正直に説明してあげることぐらいしかできません。マンションの場合、管理組合・管理人・他の入居者とのトラブルが過去にあった場合、そこまでこと細かに説明する必要はないですが、正直に説明することによって逆に信頼してもらえるということもあるかもしれません。


しかし、物件自体、部屋の内部に問題がある場合は、改善することも可能です。(参考:家を売る時の片付け・掃除 | 家具・家電は処分する?


なかでも主な原因となるのが、「室内の汚れ」です。たとえば「クロス」や「キッチン・トイレ・浴室などの水回りが汚れている」など、見ただけで使用感を感じてしまうと、買う気が減退してしまうときがあります。


仕方のないことかもしれませんが、たとえ売主が家をきれいに保っていたとしても、「古さ」というものはどうしてもにじみ出てきてしまいます。「古さ=汚い」と感じる方もやはりいらっしゃるのです。人を見る時と同じで家を見る時も第一印象である程度は評価してしまうものです。


購入希望者が内覧に来る前には、いつも以上にキレイに掃除しましょう。それでもダメな場合の対処法としては・・・



・・・対処法・・・

 →  ハウスクリーニングやリフォームをおすすめします。   


やはり見た目のイメージってとても大切。誰かが住んでいたことを感じさせないほどきれいなら、印象はぐっと良くなります。


ただ、リフォームに使った費用の分、高く売れるようになる保証はどこにもありませんので注意が必要です。買主さんの中には、中古マンション購入後に自分好みにリフォーム・リノベーションすることを前提に家探しをしている方もいます。


3.不動産会社が悪い場合

とにかくお客さんから、うんともすんとも反響がない場合は不動産会社もしくは担当者・営業マンの売却活動の方法に問題がある可能性があります。


購入希望者から内覧の申込みなどの連絡があるのが、売れるための第一歩です。連絡すらないのなら、「PRの仕方が悪い」、もしくは「積極的に販売活動をしていない」ことが考えられます。


大手不動産会社だからまかせて安心だとか、大手ではないから信頼できないだとか、そういう決めつけもいけません。



・・・対処法・・・

 → 不動産会社を変えることを検討してください!   


もう一度、不動産会社にPRの仕方や販売活動を見直してもらい、それでもダメなら不動産会社を変えましょう。何年も売れなかった物件が、仲介会社を変えたとたんに売れたケースもあります。


不動産一括査定サイトを利用して、査定価格・サービス内容を比較するなどして、もう一度、不動産会社選びをやり直してみるのが良いでしょう。


その際には、媒介契約の種類(一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約)も確認するようにしましょう。


参考ページ・・・不動産仲介の媒介契約「一般」「専任」「専属専任」の3種類の違いは?


「買手の動き」も大切なポイント


なぜ売れないか、その原因を見極めるポイントは、「買手の動き」です。


・問い合わせがない → 「不動産会社が悪い」
・問い合わせがあっても、家を見に来ない → 「販売価格が高い」
・家を見に来ても、売れない → 「物件が悪い」


買手の動きを見れば、どこに原因があるのかおおよそわかります。いずれにしても、まずは不動産会社に相談。


不動産会社もプロですので、長年の経験できちんと対策はとってくれると思いますが、それでも売れなかったり、時間がなく早く売らなければならない場合は、最終的に不動産会社に「買取」してもらう方法もあります。


*買取りについて詳しくはこちら→「いざというときの不動産会社による買取システムとは」


・前の記事へ <<<「不動産会社を通さずに売却って可能なの?」
・次の記事へ <<<「離婚の際、家はどうする?その場合の注意点は?」



↓家を高く売るために




不動産売却の基礎知識

 

不動産売却Q&A

 

不動産売却お役立ち豆知識

 

家に関するアンケート結果

 

脱毛比較