不動産売却Q&A

不動産会社を通さずに家・マンションの売却って可能?個人売買の話

不動産会社を通じて家を売った場合、結構な額の仲介手数料を不動産会社に支払わなければなりません。


たとえば3000万円の物件でしたら、仲介手数料は約100万円です。


こんな高い仲介手数料を払いたくないし、もっと高く売るために不動産会社を通さずに売却できないか?と考える人も中にはいらっしゃると思います。


結論から言って、不動産会社を通さず個人同士で不動産の売買を行うことも可能です。



単に自分の家を売却するだけならいいのですが、何度かにわたって複数の人に売る場合は、宅地建物取引業の免許が必要になります。


・・・ということは、自分の家を売るくらいなら、宅地建物取引業法などの知識がなくても自分で売れるのです。自宅を何個も持っていて複数の人に個人売買で売ろうとしている、なんて人はそうそういないでしょう。


しかし、ネックになるのが「買手を見つけること」です。不動産会社であれば、チラシやネットなど独自のネットワークで物件の情報を流し、買手も見つけやすいのですが、個人だとそれが簡単にはできません。


売る相手が決まっている場合


では仮に、友人・知人や兄弟など親類に売ることが決まっているという場合はというと・・・


買い主を探す必要がないので、不動産業者を介さずに個人間で売買したほうが良さそうにも思えてきますね。特に兄弟・友人など身近な人との不動産取引の場合は、個人売買すればいいのでは?と思ってしまいます。


ここでネックになるのが、「不動産取引の知識」です。不動産を取引するには、法律や税金、登記などの幅広い知識が必要となります。難しい不動産取引を理解していくつもの書類も作成しなければなりませんので、時間も労力もかかります。



宅地建物取引業法などの専門知識がないと、のちのちトラブルの原因になりかねませんので、やはり仲介手数料を払ってでも不動産の取引プロにお任せしたほうが安心です。


大切な財産を安全・確実に取引するには、信頼できる不動産会社に依頼するほうがリスクが少ないのではないでしょうか。こう考えると不動産会社に支払う仲介手数料も高いとは感じないと思います。


また、個人間で売るよりは不動産業者に広告活動を行ってもらって買主を募集してもらったほうが、買い手の候補者が多くなることになるので、高く売却できる確率は高くなると言えます。


それに、友人・知人・親族への売却となると、情がからんだり、今後のお互いの関係などを考えたりで、うまく値段の交渉ができなくなってしまうことも多いですね。




・前の記事へ <<<「実際の販売価格はどう決める?こっそり聞いた不動産会社の本音」
・次の記事へ <<<「もし家が売れなかったらどうすればいい?その場合の対処法」



↓家を高く売るために




不動産売却の基礎知識

 

不動産売却Q&A

 

不動産売却お役立ち豆知識

 

脱毛比較