不動産売却の基礎知識

意外とかかるマンション・土地など不動産売却時の費用・手数料

家を売ったらお金が入ってくるだけ・・・なんて考えてはいませんか?


家を売る場合、売主が支払わなければならない費用って、意外にあるんです。そう、「売るのにもお金がかかる」のです。



住宅ローン残債をチェックし、それよりももしも少しでも家が高く売れれば、手元に現金が残ると思い込みがちですが、実は違うということです。


はじめに費用・手数料にいくらかかるのか?を知っておかないと、「思っていたよりも赤字だ・・・」「あれ?高く家が売れたと思ったのに、手元にお金がない・・・」と、その後の資金計画が狂ってしまうことがありますので、何にいくらくらい支払わなければいけないか、事前にしっかりチェックしておきましょう。



◆仲介手数料
不動産会社に仲介してもらって家を売る場合に支払う手数料で、売買契約が成立したときに支払います。売却にかかる費用でもっとも高い金額です。


売買価格×3%+6万円+消費税(売買価格が400万円超の場合)


これは上限であって、最近では「仲介手数料半額」や「仲介手数料0円」としている不動産会社もありますので、事前に確認しておくといいですね。


*仲介手数料について詳しくはこちら→「仲介手数料が不動産会社によって違うって本当?」



◆印紙代



売買契約書を取り交わす場合は印紙税法により、その契約金額に応じて印紙を添付しなければなりません。売却価格によって代金が異なります。売り主と買い主が売買契約書を一通ずつという場合、それぞれが印紙を貼って割印することになります。売買契約時に不動産屋さんが印紙を用意してくれていることが多く、現金と交換すればOK。そうでない場合には郵便局に買いに行くことになります。



◆抵当権抹消費用
物件に設定されている抵当権を抹消するするための費用です。物件購入時に住宅ローンを借りた金融機関が担保とするために抵当権を設定していますが、売却するときはこの抵当権を抹消しなければ売却することはできません。抹消するには、残りの住宅ローンを一括返済する必要があります。



◆司法書士報酬



登記手続きを行う司法書士へ支払う費用です。住所変更登記・抵当権抹消などの書類作成費用がかかります。



◆繰り上げ返済手数料
住宅ローンが残っている場合、一括で返済しなければなりませんが、その時に金融機関に支払う手数料です。



◆譲渡税
家を売却して利益が出た場合、譲渡所得として所得税と住民税が課税されます。逆に損した場合は、還付を受けられることも。


*譲渡税について詳しくはこちら→「購入時より高く売れたら税金がかかる?譲渡所得とは」



◆引っ越し費用



案外忘れてしまいがちな引っ越し費用。荷物の量・引越し先までの距離によって金額は大きく変わります。


また、引越しシーズンの3月、土日祝日、大安などは、その他の日よりも引越し費用が高くなるケースが多いです。引越し一括見積もりサイトなどを活用すれば、相場よりも安く引越しできる可能性が高まります。


プラスして、引っ越しの際に出る不用品の処分代もかかることがありますので要注意。



◆ハウスクリーニング費用・リフォーム費用



キッチン・洗面所・お風呂・トイレなどの水周りの汚れが目立つ場合などは、買い手への印象を良くするためにもプロの掃除業者であるハウスクリーニングをお願いしたほうが良いケースもあります。


老朽化が目立つ箇所がある場合は、リフォームしてから売りに出すという方法もあります。ただ、家の売却価格にリフォーム費用分を上乗せできないこともあり、最終的に損してしまうこともあるので不動産業者に要相談です。




このほか、
・家を解体して更地にして売却する場合は「解体費用」
(参考:古い家を売るには解体して更地にした方が売れやすい?
・土地の面積を確定するために実測する場合は「測量費用」
・敷地の境界が不明の場合は「境界確定費用」
・購入時に登記された氏名や住所に変更がある場合は「住所・氏名変更登記費用」
・印鑑証明書などの「必要書類の取得費用」


などが必要に応じてかかります。


各種費用は不動産の種類や状況、売却価格などにに応じて変わりますので、事前に不動産会社に確認するようにしてください。




・前の記事へ <<<「机上査定」と「訪問査定」はどう違う?」
・次の記事へ <<<「仲介手数料が不動産会社によって違うって本当?」



↓家を高く売るために




不動産売却の基礎知識

 

不動産売却Q&A

 

不動産売却お役立ち豆知識

 

家に関するアンケート結果

 

脱毛比較