不動産売却の基礎知識

仲介手数料が不動産会社によって違うって本当?


家などの不動産を不動産会社に依頼して売ったり買ったりする場合、「仲介手数料」を不動産会社に支払わなければいけません。


この仲介手数料は、売買の契約が成立した時に支払うもので、その上限金額は宅地建物取引業法で決められていて、一律ではなく、物件の売買価格で違ってきます。


また、仲介手数料は消費税の対象になります。消費税が増税されたらこの仲介手数料も影響がでてきますね。


そして、注意しなければいけないのが、消費税は建物の価格は対象となりますが、土地の価格は対象外です。


不動産動産取引における物件価格には、「建物+土地の価格」となっていますので、仲介手数料を計算する場合は、「建物価格」と「土地価格」に分けて計算しなければなりません。



仲介手数料の計算式


 ◆売買価格が200万円超、400万円以下の場合
  仲介手数料=売買価格×4%+2万円+消費税5%   


 ◆売買価格が400万円超の場合
  仲介手数料=売買価格×3%+6万円+消費税5%




たとえば、3000万円で家を売る場合の仲介手数料は、100万8千円となります!



なんと、仲介してもらうだけで100万8千円も仲介手数料を支払わなくてはいけないのです!


仲介手数料ってすごく高くてびっくりですよね。


でもこれは上限であって、これより高い金額をもらうことはできないということ。逆に言うと、この上限以下であれば不動産会社が仲介手数料を自由に決められるのです。そのため、不動産会社によっては手数料を「半額」や「0円」として安さをアピールするところもあります。



仲介手数料0円でどうやって儲けるの?


不動産会社は、不動産売買の仲介に入るだけですので、この売買に伴う儲けはありません。では、どこで儲けるかと言ったら、この「仲介手数料」なのです。


でも、最近の不動産会社には、「仲介手数料が0円」といところもあり、逆に「なんだか怪しいのでは?」と勘ぐってしまいますね?



不動産会社は物件を売買するときに、売主と買主それぞれから仲介手数料をもらいます。これをたとえば売主からのみもらい、買主は無料とするわけです。


双方無料にしては、まったく儲けがでませんので、一方を無料にして他の不動産会社と差をつけて顧客を獲得するというわけです。


とはいえ、そういった不動産会社は広告費・人件費などのコストカットにも積極的に取り組んでいるようですよ。




・前の記事へ <<<「忘れてはいけない、意外にかかる売却費用」
・次の記事へ <<<「不動産の相場は事前にチェック!不動産には4つの価格が存在」



↓家を高く売るために




不動産売却の基礎知識

 

不動産売却Q&A

 

不動産売却お役立ち豆知識

 

家に関するアンケート結果

 

脱毛比較