不動産売却の基礎知識

家・土地など不動産を売るには「仲介」と「買取」の2種類

不動産会社に依頼して家や土地を売るには、「仲介」と「買取」の2種類の売却方法があります。



「仲介」とは、文字通り不動産会社が売主と買主の間に入り、売買契約を成立させるために仲介するもので、不動産会社が売主に代わって広告や独自のネットワークを利用して買主を探します。



そして「買取」は、不動産業者が買主となって物件を購入する方法です。仲介とは違い、買主を探す必要がありませんので手間も時間もかからないですが、仲介より売却価格が下がるのがデメリット。早く現金化できるため、売却を急ぐ人が利用されることが多いです。


どちらも不動産会社に依頼して売却する方法なのですが、それぞれにメリット・デメリットがあります。売主の置かれている状況や目的に応じてどちらかに決めて、売却を依頼することになります。




< 仲 介 >


 メリット
 ・売却価格が買取より高い        


 デメリット
 ・買主を探すのに時間がかかる。見つからないことも
 ・仲介手数料を不動産会社に支払う必要がある



< 買 取 >


 メリット
 ・買主を探す手間がなく、早く売却できる
 ・資金計画を早く確定できる
 ・仲介手数料を払う必要がない
 ・仲介で成約が難しい特殊な土地や建物でも売却できる場合もある
 ・広告を出す必要がない分、世間に知られず売却できる
 ・一般の人による内覧がないので、ストレスがない
 ・売却後の瑕疵担保責任が発生しない


 デメリット
 ・売却価格が仲介より安い



「仲介」と「買取」どちらにしたらいいの?



仲介と買取にはそれぞれメリット・デメリットがあり迷ってしまいますが、一般的には買取より仲介を利用して家を売る人のほうが多くいらっしゃいます。


やはり誰もが家を売るなら高く買ってもらえる「仲介」がいいと考えますよね。では、なぜ買取のほうが価格が安くなってしまうのか・・・?


買取の場合、売買契約時の状態のまま家を不動産屋が買い取ります。さらにほとんどの場合、売主が負う「瑕疵保証責任」が免除されますので、売った後の家の不具合については、売主は責任を負う必要がありません。



その後、不動産会社は第三者に転売するために買取した家を必要に応じてハウスクリーニングやリフォームをなわなければいけません。売った後の家に対する責任は、すべて不動産会社側にあり、仲介より買取のほうが費用もリスクも大きくなります。そのために買取価格が安くなるというわけです。


では、仲介と買取のどこに注意して選べばいいかと言うと、それは「価格」と「スピード」です。




 

  仲介は、「高く売れるが、時間がかかる」


  買取は、「早く売れるが、安くなる」    



これを踏まえて考えると、結局、「時間に余裕があるか?」が最大のポイント。


仲介で売りに出しても、買主がすぐ見つかる保証はありません。(もちろんタイミング良く購入希望者が現れることもありますが。)


住み替えや相続、離婚などで早く現金化させなければならないときには、「仲介は不向き」となってしまいます。逆に時間をかけることができるなら、高く買ってくれる買主が現れるのをじっくり待つこともできるでしょう。


時間に余裕があるのなら、仲介で売りに出して、仲介会社の担当営業マンの販促活動にもし満足できなければ別の仲介会社と媒介契約を結びなおすこともできます。(媒介契約については→不動産仲介の媒介契約「一般」「専任」「専属専任」の3種類の違いは?を参照。)



もしくは仲介で売れなければ買取に変更することも可能です。いずれにしろ、家を売る時に重要なのが、不動産一括査定サービスを利用するなどの行動を早めにとっていくことです。


早めに査定価格を知り、売却活動を開始すれば、仲介で高く売れる可能性が上がるわけですから。




・前の記事へ <<<「どんな理由で家を売る?気になるその理由とは」
・次の記事へ <<<「仲介の媒介契約には 「一般」「専任」「専属専任」の3種類」



↓家を高く売るために




不動産売却の基礎知識

 

不動産売却Q&A

 

不動産売却お役立ち豆知識

 

脱毛比較